SELAS

!突然の津波や洪水!要介護・障碍者を救助し、介護者・救援者が安全に避難するには?私たちSELASが出した答えは、「浮いて逃げる」南海トラフの地震発生時の備えに!!

津波てんでんこ

津波・洪水 避難用具の決定版
避難行動の要支援者も、支援者も、「助かる方式」を提案。
詳しく見る 特許出願中
津波や洪水などの水害避難時に、要介護・障がい者が「完全に浮いて逃げる」という
新しい発想で開発された担架ボートです


東日本大震災津波では要介護・障害者を助けるべく沢山の施設職員や消防団の人々が亡くなったという反省に立ち、 要介護・障害者を避難救援するとともに、救助する人々にも被害が及ばないようにする目的で開発されました。
津波が迫ったときには「てんでんバラバラに逃げるべし」という東北の太平洋沿岸地域に伝わる津波てんでんこに従い、 本製品「津波てんでんこ」は、要介護者も避難救援者も時間切れの時にはバラバラに逃げるべきというところが発想の原点です。






津波対策の本気度をはかる試金石。自力で津波から避難できない人々(寝たきり高齢者、障がい者等)への対策を怠ってきた我が国。欧米先進国なら一度の自然災害で数万人が犠牲になることはありえなし、許さない。
しかし我が国にはどこかに災害を含めた”自然”を受け入れてしまう国民性があるのかもしれない。釜石の奇跡を生んだ群馬大学の片田教授は言った、「ベストを尽くせ」と。果たして我が国は自力で津波から避難できない人々の対策にベストを尽くしているだろうか?このままでは東日本大震災の悲しい経験が生かせず、南海トラフ地震津波でも同じことがまた繰り返されるのか。


商品についてのご質問・ご相談など、お気軽にお問合せください。お問合せはこちらから
ページ上部へ